special material no.1



rhubarbe--ルバーブ--

sweet factoryのお菓子の中にも何度も登場している素材「ルバーブ」
日本ではあまり知られていない食材ですが、
ヨーロッパでは砂糖と煮詰めてジャムにしたり、ジュースにしたり、
サラダに加えたりとさまざまな用途で使われています。
今回はそんな「ルバーブ」に注目し、ルバーブの事や、
ルバーブで作ったお菓子などをいくつか紹介したいと思います。

ルバーブとは・・・
科名:タデ科 
分類:多年草
和名:ショクヨウダイオウ
原産地:シベリア南部

ルバーブは大きく広がった葉とフキのような太い葉柄からなり、この葉柄の部分を食用とすることができます。葉にはシュウ酸とう有毒物が含まれているので、食用にはしないようです。葉柄は上の写真のように赤いものから、緑かかったものまで様々です。

ヨーロッパでは昔から栽培されており、明治時代に野菜として日本でも導入されましたが、まだ知名度が低く、栽培している所は少ないようです。


ルバーブの特徴
りんごに似たような酸味とアンズのような香りが特徴で、ジャムやジュースの他、細かく切ったルバーブをそのまま生地に混ぜ込んでお菓子にしたり、千切りにしてサラダに加えたりと、さまざまな利用法があります。
栄養面では、ビタミンC、カルシウム、繊維が多く含まれることから美肌効果も期待できると言われています。


〜ルバーブを手に入れるには・・・〜
私が初めてルバーブを見つけたのは長野に旅行に行った時の農協で、そこでは他の野菜と一緒にごく普通に売られていました。そこでは10本くらいの束になって500円ほどで売られていました。


ルバーブに強烈に興味を抱いた私は家に帰るとさっそく近所でルバーブを売っている店を探しました。しかし、どこのスーパーや八百屋でも売っておらず、結局八百屋さんのおじさんにお願いして特別に発注してもらうことにしました。取り寄せたルバーブは太くて立派なルバーブが一本なんと400円!関東ではかなりの高級食材なようです。

その後長野に旅行に行った母が農協でルバーブを予約し、配送してもらえることになりました。今回は赤くてなるべく新鮮なものを・・・と付け加えたところ、ほんとにキレイなワイン色のルバーブが送られてきました。しかもひと束たったの300円!真っ赤なルバーブを前にひとりで感心してしまいました。

でも結局のところ、送料にルバーブの倍以上のお金がかかっているという事実もあるのですがネ。


〜ルバーブを使ったお菓子達の紹介です〜

jam talte1 cookie
talte2 muffin jelly


↑写真をクリックするとお菓子の紹介を見ることができます。
マークはレシピ付きですよ♪